サイトメニュー

気を使う人に多い病気

医者

いつの間にか症状が進むため注意が必要

周囲の人達や家族に心配かけないように、いつもにこやかに振る舞う性格の人がかかりやすい病気として、微笑み鬱があります。この病気の特徴としては、表面上は周囲の人に気配りができ通学や通勤も普段通り行えるため、自覚するのが遅いという点が挙げられます。いつもと同じように行動はできるが、実際のところは心も身体も負担に感じていたり、人の話を聞いていないことが増えたら微笑み鬱になり始めている可能性があるでしょう。他人から見ると普段と変わらない様子に見えるため、早期の治療を行うには自覚症状が重要となり、心の不調を感じたら精神科や心療内科へ通うのがオススメです。無理をして日常を過ごしており、家事や着替えなどを苦痛に感じることが二週間以上続くようであれば、カウンセリングを受けて治療を開始した方が賢明です。心の悩みに対応している電話の無料などで、自分の症状が微笑み鬱のものであるか確認して、該当しているようなら通院するという方法もあります。インターネット上にある鬱病のチェックシートなどを利用して、セルフチェックを行い高い確率で鬱病であると出た場合にも通院をすると良いでしょう。だいたいの鬱病の治療にかかる期間は一年半から二年ほどとなっており、毎月一回は診察に行くことになるため、自宅から電車や車で通院しやすい場所にある病院を選ぶことが大切です。鬱病が原因で不眠症にかかっている場合は、抗うつ剤と一緒に睡眠薬を処方してもらえるので、安眠して健康になるためにも定期的な通院で健康を手に入れましょう。

鬱病の治療は精神科か心療内科で行っており、微笑み鬱にも対応しているところがほとんどのため、通いやすい場所の病院から選ぶことが出来ます。微笑み鬱の治療を得意とする病院を探す場合は、インターネットの病院紹介のページや医師のコラムで、微笑み鬱に関する治療例や詳しい説明をしているところを選ぶと良いでしょう。一般的な鬱病の症状に加えて、胃腸や目眩など他の体調不良がある場合には、総合病院に通い精神科や内科などいくつか回ってみると安心です。同居家族がいる場合は、家族が付き添って診察を受けることも多いですが、予約をする際に付き添いの家族も診察に立ち会うことを伝えておくようにしましょう。悩みがどのような点であるのか判明している場合には、自分と似た悩みを持つ人が治療を受けた病院に行くのも良い方法です。病院によっては紹介ページなどで、治療を終えた患者のエピソードやメッセージが掲載されているため、それらを参考に通院を検討する方法もあります。初期症状の微笑み鬱は、自分以外誰も気付いていないことも多く、心の不調に気付いていない家族に自分の気持ちを話して、付き添ってもらえるか聞いてみるのも大切です。最初の通院で家族の付き添いがない場合でも、医師と話し合って家族にも説明をした方が良いとなったら、診察に立ち合ってもらうことも出来ます。仕事が忙しく休みの日が不定期である場合は、通院しやすい範囲にある病院の中から夜間や休日の診察を行っているところを選ぶと、症状が回復するまで通うことが出来るでしょう。

Copyright© 2020 心療内科や精神科を受診することがポイント All Rights Reserved.